プロフィール

フォトアルバム
部長

神戸生まれの神戸育ち 
今、神戸の歴史を勉強中です。
趣味:食べ歩き、バス釣り、三線、テ   ニス、ドライブetc…

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年1月 | メイン | 2010年5月 »

2010年2月

2010年2月 7日 (日)

【メニュー紹介】月コース

きょうは当店のコースメニューのひとつである「月」コースをご紹介させていただきます。

「月」コースは、当店の定番メニューの中から、特に人気のあるメニューのみを集めたコースです。

4,000円(税込)のコースは全10品からなり、たくさんのメニューがリーズナブルな価格で味わっていただけるようになっています。

コース内容は以下の通りです。

・本日のお通し(一例:あん肝とさばの手鞠寿司と特製玉子焼き)
・季節のお造り2種盛り
・まぐろのほほ肉溶岩焼き
・鶏と菊菜のサラダ
・じゃが芋とゴーダチーズのタルト
・うにとアボカドの湯葉椀
・れんこん葛饅頭
・自家製ぬか漬け
・丹波芋とろろご飯
・生菓子 or シャーベット

お肉、お魚、そしてたっぷりのお野菜と、お腹一杯ご満足頂けながらも大変ヘルシーな品目構成となっています。

また、もっと贅沢に!というお客様のために、お造りを2種→3種に、「牛いちぼのコロコロ(40g)」メニューの追加、更にとろろご飯→うにご飯に、という、6,000円の“お得な”贅沢コースがあります。

上記を更に贅沢にした(牛いちぼ40g→80g、うにご飯→敷詰うにご飯)、8,000円のコースもございます。

いずれも、「月光に初めて来た」というお客様や、「月光の代表料理や定番料理を手軽に沢山味わいたい」というお客様に是非ともオススメしたいコースです。

以上、月コースのご紹介でした。

2010年2月 6日 (土)

トア山手

当店はトアロード沿いにありますが、その中でも“トア山手”というエリアにあります。

このトア山手、というのは、地震後の神戸を復興発展させる神戸市のプロジェクトのひとつ、「中山手再開発事業」という都市計画で作られたエリアです。

街の一区画を全て作り直した、道路、商業テナント、マンション、公園などから成る新興の地域です。

当店の北隣には新しい大きなマンションがあり、西にも巨大で豪華なタワーマンションがあります。そして立地位置の関係で、そこに住んでおられる住民の方が頻繁に当店の前を通られます。また、それだけでなく、昔から住んでおられる近隣の方々も前をよく通られます。

そんな中で、当店を気にかけて、実際に店に足を運んでくださる方もしばしばいらっしゃいます。

ありがたいことに、概ねご満足いただけることが多いのですが、もっとこうして欲しい、というご要望を頂くこともあります(これもありがたいことです)。

その地域やそこに住む方々に応じたお食事内容やサービスの実践ということは、いろいろと準備してやっているつもりでも、実際に様々なお客様と接してみて改めて分かることというのもやはり多く、現在、それを感じながら日々変化している最中です。

いつか「トアロードらしいね」「トア山手に合ってるね」と言っていただけるようなお店になることが、ひとつの大きな目標です。

2010年2月 5日 (金)

外国のお客様

神戸は世界有数の港町。外国の方の比率が多い街です。

トアロードも多分にもれず、外国の方がよく通られます。そしてまた当店は、外国の方が良く泊まられる“ホテルトアロード”さんに隣接していることや、店のテントに“Japanese Restaurant Gekko”と英語を入れていたりすることもあってか、観光で来られた、全く日本語の話せない外国の方がたまに誤って?入ってこられます。

誤って、というのは、当店は特に英語のメニューをご用意している訳でもなく、またスタッフも英会話が堪能な訳でもないからです。

将来的には、そういった海外の方に向けたホスピタリティー的な部分も充実させていきたいとは思っているのですが。。

先月は、(多分イングランドの)一組の老夫婦がコースを頼まれたのですが、その内容をとてもお知りになりたそうでしたので、ひとつひとつ、料理を出す前に食材の英単語をネットで調べて、サーヴするたび拙い英語で説明し(結構大変!)、でも最終的には全部ご理解いただけたようで、お見送り時にはお二方とも満面の笑みで、ご主人はサムアップ(親指を立てる)して、お帰り頂けたことを、とても嬉しかったこととして覚えています。

またきょうは、ランチ時、ご注文の際に全く言葉をお話しにならず、指差しでご注文をなさろうとする(一見日本人の)若い女性がいらっしゃいました。程なく日本語が話せないということが雰囲気で分かり、どちらからですかと英語で尋ねると、韓国からで、ご旅行でいらっしゃった方でした。「大阪にステイしているけれど、神戸は美しい街と聞いて、だから今日は神戸に来ました」というようなことをおっしゃっておられて、地元の人間としては、とてもうれしかったです。

帰られるときに、携帯で何やらごそごそと調べた後、「ごちそさまでした」と言ってくださいました。わざわざ辞書をひいてくださったんですね。ありがたいです。

「Have A Good Trip」

とお見送りしたのですが、これは適切な表現だったのでしょうか?

恐らく二度と会うことのない人々。僕にとっては日常でも、その方々にとっては、旅行中の大切な思い出の一つ。

そう思うと気が抜けません。

2010年2月 4日 (木)

コーヒー豆

きょうはお店で出しているコーヒーの、豆、についてのお話をします。
といっても、コーヒーのウンチク云々とはいっさい関係のない、お話です。

もともと、この店をオープンする際、新規にどこからコーヒー豆を入手するかを考える必要があったのですが、そこに求められた要件は、

1・大手やチェーンのようなところでなく、個人で焙煎しているようなところ
2・店から遠くなく、容易に入手できるところ
3・焙煎したての、おいしい豆を安く販売しているところ

というものでした。

ちょうど僕の家の近所に、その要件にかなうコーヒー豆屋さんがあったので、そこに決めました。常に焙煎したてを用意してくれるし、美味しいし、安い。

あっさりと決まって、これまで毎週欠かさず配達してもらって、と、何も問題なかったのですが、最近、その豆屋さんの身辺に何か起こった模様で、この春に店を移転し、かつ焙煎日も限定し、規模も縮小するとのこと。

僕「へえ、どこに移られるんですか?」

豆「ほっかいどうなんです」

僕「へえ、ほっかいどう……ほ、北海道!?」

遠すぎる。

コーヒー豆は、まず、焙煎したてが命。当店も、極力必要な量だけ、つまり最少限ずつ発注しています。一度に何百g、という単位です。

それを、北海道からメール便などとなると。。

送料もかかりますし、そもそも届くまで3日とかかかってしまったら焙煎したても何も……。

困った。

春までは今までどおり配達してもらえますし、それ以降も豆屋さんのご厚意と努力で、値段や焙煎品質など、大きな問題なく続けられそうではあるのですが。。

うーん。なんともこう……。アンチ・エコというか。。。

どうすべきか、ちょっと悩み中の今日この頃です。

2010年2月 3日 (水)

【メニュー紹介】オリオン・ドラフト生ビール(中ジョッキ)

当店では、ジョッキの生ビールが2種類あります。

ひとつはアサヒのスーパードライ、もうひとつがオリオン・ドラフトです。

スーパードライは有名ですので説明は省略させていただくとして、今回はオリオン・ドラフト 生ビールをご紹介します。

オリオンは沖縄のビール会社のビールで、南国らしいその軽快な味わいが特徴です。

全国展開をせず、基本的に沖縄を中心として展開している会社で、缶ビールであっても、一般的に広く、とまでは流通していません。

ジョッキの生ビール、つまりお店用の“生樽”に至っては、ほとんど地元沖縄のみでの展開です。

当店は、そんなオリオンのジョッキ生用の樽を、はるばる沖縄から取り寄せてご提供しています。(といっても実際に取り寄せているのは酒屋さんですけど。。)

中ジョッキ、580円です。

量もしっかり多く、デザインの良い中ジョッキで、希少さも含めるとお得な生ビールと言えます。

是非ご来店いただき、「生オリオン・ドラフト」をご賞味ください。

2010年2月 2日 (火)

【メニュー紹介】湯葉コロッケ

大きな湯葉でホワイトソースをくるんで揚げた、当店の人気メニューです。

サクサクに揚がった香ばしい湯葉と、ほっこりふわふわのホワイトソースの奏でるハーモニーが人気の秘密です。

特製のソースを絡めて召し上がって頂きます。

一見、湯葉を海苔で束ねた見た目は和風なのですが、食すれば完全に本物の洋食屋さんの味!!

そのギャップも楽しんでいただきたいです。

湯葉コロッケ。常に召し上がっていただける、定番メニューです。

月光 のサービス一覧

月光